TopMusic.JP - Top Music Japan

世界中のアーティスト/バンドを紹介と支援する

President Street プレジデント・ストリート


President Street

プレジデント・ストリート
 
 
 
President Street(プレジデント・ストリート)は特定のジャンルに固執しないバンドです。

「音楽記者からポップ・フュージョンと呼ばれている。確かに、最新シングル[I Found Me](アイ・ファウンド・ミー)は、ソウルからドラムンベースまでさまざまな影響を受けた、絶妙ない組み合わせのとてもキャッチ―な曲。でも、そんな言葉を鵜吞みにしないで。曲はMusic Week's UK Club Charts(ミュジック・ウィークのUKクラブチャート)の5位にランクイン!」 —  Voice Magazine (ヴォイス雑誌、2019年12月)

UK Official Charts(イギリスのオフィシャル・チャート)のトップ5にランクインして、2019年に2回目のイギリスツアーを成功させ、President Street(プレジデント・ストリート)は今、間違いなく勢いに乗っている。

オーストラリアのメルボルン出身、President Street(プレジデント・ストリート)は偶然出会って集まった、多岐にわたるミュージシャンの組み合わせ。地元の音楽店の掲示板からTinder(ティンダー)のようなミュージシャン向き出会いサイトまで、さまざまな手段を使って集まったバンドは典型的なスタートではない。各メンバーは異なる職業や音楽バックグラウンドを持っているものの、音楽作りが大好きは共通点。

バンド名はPete(ピート)が育てられた家のある、オーストラリアのパース市内の道の名前から取った。感情や思い出に深く繋っている音楽は、我々の人生にとって大切なものを表現している。この感情と音楽の繋がりはバンドの作曲方法に影響している。

フロントメンバーPete(ピート)とRuby(ルビー)はバンドのリーダーとして活躍。彼らの本能、スキルと多様性に富んだ音楽によって、言葉では説明できないユニークでこれまでにない驚きの音を作り出す。






動画


試聴

 

リンク

 

ショップ・音楽配信

 

連絡

お問い合わせ

写真

 

 

 

 

 

 

 
 

Lalo The Don ラロ・ザ・ドン

 
 Lalo The Don
ラロ・ザ・ドン
日本語版HP
 
Lalo The Don ラロ・ザ・ドン(別名:Thug Gentleman サッグ・ジェントルマン)はワンマンのエンターテイメント企業。

彼は自作品すべてのエグゼクティブプロデューサー(制作総指揮)で、ヒップホップのラッパーとしてパフォーマンス。さらに他のアーティストの作曲家としても活躍。ミュージックビデオと写真はすべて自作。

映画にも俳優として出演。そして人気雑誌"The Source"(ザ・ソース)とウェブサイト"World Star Hip Hop"(ワールド・スター・ヒップホップ)に掲載された。

Nicki Minaj(ニッキー・ミナージュ)、Keith Murray(キース・マレー)、Kool G Rapクール・G・ラップ)、Jacki-O(ジャッキー・オー)、Rass Kass(ラス・カス)、Nitty Scott(ニッティ・スコット)、Chris Rivers(クリス・リバース)などさまざま有名ラッパーとコラブ。

音楽業界に入る前にはU.W.L.(Urban Wrestling League アーバン・レスリング・リーグ)でプロレスラーとして活動。そして日本のテレビチャネルMONDO TV(モンドティーヴィー)の番組に出演。

彼はとてもユニークな人生を送ってきた。その経験をファンの皆さんとシェアすることを楽しみにしています。

試聴


動画


リンク

 

ショップ・音楽配信・試聴

 

連絡

 

写真集


 

 











Vivian Roost ヴィヴィアン・ルースト

 
フランス系スイス人のピアニスト兼作曲家 Vivian Roost(ヴィヴィアン・ルースト)
新アルバム「The Seasons」(季節)をリリース!

 

 

 

シングル「Spring」のMVはYouTubeで公開
https://youtu.be/B2WnNnlAiNo
 


フランス系スイス人 Vivian Roost(ヴィヴィアン・ルースト)は、ロマンチック派とコンテンポラリー・ポスト・クラシカル派の間に位置する国際的なクラシック音楽のピアニスト、作曲家兼プロデューサーである。

* コンテンポラリー・ポスト・クラシカル:ピアノやバイオリン、チェロなどの弦楽器を用いたクラシック音楽に、エレクトロニクスを融合させた作風。

子供の頃に、Erik Satieエリック・サティ)、Claude Debussyクロード・ドビュッシー)、坂本龍一久石譲Michael Nymanマイケル・ナイマン)などの音楽の影響を受けた。

4歳でピアノを始めたヴィヴィアンは、映画音楽の作曲家になる夢を叶えた。

10年以上に渡り数々の視聴覚シアタープロジェクトに参加し、人気のフランス歌手ZAZなど数多くのポップ・アーティストのために作曲してきた。

ミニアルバム「Un autre monde」(異世界)とデビューアルバム「Depart」(出発)は世界中で絶賛。この度セカンドアルバム「The Seasons」(季節)をリリース。

山に囲まれた湖の近く、スイスの Lausanne(ローザンヌ)で生まれ育ったので、幼い頃から季節節の美しさに感動してきた。この経験は作曲家として彼の音楽に影響を与えた。

ある日、日本の俳句を読んだことからインスピレーションを受け、アルバム「The Seasons」(季節)が出来上がった。

松尾芭蕉小林一茶、内藤丈草の俳句に触発された「The Seasons」(季節)は人生の頌歌。

100年前に製造され、細心の注意を払って修復された4台のピアノで演奏した、異なる4つの風景を描いた音楽の四季節。

初めての日本旅行中に習得した真に詩的なタッチによって、芸術的で多様な音の風景を描いたこのアルバムは、彼の日本の文化に対する関心の深さを表している。

2016年のアジア初ツアーを成功させ、2018年3月には東京でコンサートを行った。

リンク
 
ショップ・音楽配信
 
 前リリース

 

 
 
  写真

 

 

 

 

 

Pelican State ペリカン・ステート

 

Pelican State(ペリカン・ステート)
新シングル「Brittle Stone」(ブリットル・ストーン)をリリース!



メイキング動画

 
アーティストのプロフィール
 

Pelican State(ペリカン・ステート)は Constant van Graan(コンスタント・ヴァン・グラン)のソロ音楽プロジェクト。
 
彼はナミビア出身、活気のある学園都市として知られる南アフリカの Potchefstroom(ポチェフストルーム)に現在在住。
 
オルタナティブ・ソフトロックとアンビエントサウンドをミックスした爽やかな音楽。
 
2015年、デビューアルバム「Imaginary Stones」(イマジナリィ・ストーンズ)をリリース、南アフリカの大手テレビチャネルKykNET のアフリカーンス語でのテーマソング「My Tyd Staan Stil」(マイ・タイド・スタン・スティル)を共作。
 
* アフリカーンス語(Afrikaans)は、インド・ヨーロッパ語族のゲルマン語派で西ゲルマン語群に属する低地ドイツ語に属し、オランダ語から派生した言語。
 
南アフリカ中の音楽フェスティバルに数多く出演。
 
2018年、アイルランドでライブツアーを行った。
 
2019年、シングル「Brittle Stone」(ブリットル・ストーン)をリリース。
 
アーティスト名"Pelican State"は、牛乳が公式飲物となっているアメリカのルイジアナ州へのオマージュである。しかし、彼はルイジアナ州に行ったことはなく、乳糖不耐症である。
 
音楽・試聴
 

 

動画

 

 

リンク
 
ショップ・音楽配信
 
連絡