TopMusic.JP - Top Music Japan

世界中のアーティスト/バンドを紹介と支援する

LUC ルーク


日本語版HP: http://artists.topmusic.jp/luc
公式HP: http://lucband.com

Kari Kimmel(カリ・キンメル):歌手、ミュージシャン、ソングライター。

Joe Corcoran(ジョー・コーコラン):プロデューサー、ミュージシャン、ソングライター。

彼らの曲は2人合わせると900万回を超えてストリーミング再生されており、映画、テレビやアルバムでの使用は何千回にもおよぶ。

未来的なガレージロック・エレクトロニックのデュオとして、LUC(ルーク)という名でロサンゼルスを拠点にして活動する。

キンメルはThe Backstreet Boys(バックストリート・ボーイズ)、Ke$ha(ケシャ)、Joe Jonas(ジョー・ジョナス)、Demi Lovato(デミ・ロヴァート)などのレコーディング用に作曲してきた。プラチナアルバム3枚と映画音楽のゴールドアルバム5枚に歌手としても参加。

コーコランはスタジオのエンジニア、ミキサー、ミュージシャンとして、プラチナアルバム2枚を獲得し、国際アーティストLenka (レンカ)のナンバーワンヒット曲「The Show」(ザ・ショー)も手掛けた。

Ringo Starrリンゴ・スター)は2014年のグラミーショーとCBS(米国の大手テレビ局)のビートルズ50周年記念ショーでの共演にキンメルを招待。Stevie Wonderスティーヴィー・ワンダー)、Bruce Springsteenブルース・スプリングスティーン)、Alicia Keysアリシア・キーズ)、John Mayerジョン・メイヤー)などのバックボーカルとしても活躍。

Chris Hadfield(クリス・ハドフィールドはカナダ出身宇宙飛行士)の2013年にDavid Bowieデヴィッド・ボウイ)の名曲「Space Oddity」(スペイス・オディティ)のカバーをコーコランはプロデュースした。このカバーは口コミで人気となり、David Bowieデヴィッド・ボウイ)は「これまでで最も痛烈なカバーだ」と称賛。

キンメルの曲は650本以上の映画、テレビ番組、映画の予告編、ビデオゲーム、コマーシャル(テーマソング合計18曲)などに使われてきたものの、彼女は「最も有名な誰も知らない人物」と呼ばれている。

コーコランは作曲家、プロデューサー、演奏者として数多くの映画、テレビ番組やコマーシャル(Homeward、Walking Dead、Corona Extraなど)で活躍。

LUC(ルーク)は、パーカッションループ、激しいギター、奇妙なサウンド、クールなボーカルを提供。

キンメルはメロディー・歌詞を担当。

コーコランは全ての楽器の演奏、プロデュースを担当。

LUC(ルーク)は、ある楽器やサウンドに初めて出会う素晴らしさを表現する。

「Glow」(グロー)はLUC(ルーク)のデビューシングル。